占い師にはどんな人が向いている?

カンが鋭い人

占い師に必要なこととして「カンが鋭いこと」はとても大事です。これは霊感だけではなく、直感、インスピレーションなどいわゆる第六感が鋭いほうが占いの的中率を高められます。占い師になってる人で幼いころからカンが鋭かったんです。という場合が多いです。

人生経験豊富な人

人間は人生経験豊富で過去に苦労をたくさん経験して辛い思いをした人だからこそ言えることがあります。これは占い師も同じで、たとえば恋愛占いの得意な占い師は恋愛経験が豊富な場合が多いですし、金銭面で苦労してきた占い師は金銭問題に関する占いに強いです。経験が占い師の視点や感性に磨きをかけるのです。

人の話を聞くのが得意な人

占い師はもちろんカンが良かったり当たることも必要だけど何よりも人の悩みを聞くことが1番の仕事です。相談者のネガティブな相談にも親身になり、ときに根気よく話を聞かなければなりません。これは違うと思っても自分の思ったことを話すのではなく、相談者の話を聞いて気持ちを汲み取ることが大切なのです。なので人の話を頷いて聞ける人が向いています。

精神的に安定してる人

日常的に人の悩みを1日中聞くことが仕事なので、聞きすぎて自分まで影響されてしまって精神的に不安定になったりする場合があります。なので精神面が強かったり落ち着いてる人じゃないと冷静になって鑑定できないので、常に安定してる人が向いています。

勉強熱心な人

占いの知識や技術を身につけるのには勉強することが必要です。また、ときには相談者のためにいろいろな調べものをする必要も出てきます。常に新しい知識を仕入れてより多くの知識を身につけることでいい鑑定が出来るようになります。努力を怠らないことが、占い師にとっては何よりも大切なことです。

こだわりがない人

鑑定をお願いするお客様の中には色々な価値観を持ってる人が現れます。なので自分の価値観に強いこだわりを持ってる人だと、言い合いになってしまったり鑑定結果に影響がでてしまうかもしれません。なので特にこだわりがなくフラットな考えを持っている人の方が占い師には向いています。

他人を占うことが好きな人

占い好きの人の中でも自分で占いをすることが好きな人と、占ってもらうのが好きな人がいます。例えば、自分の家族や友人の話しだけじゃなく、見知らぬ人の話や運勢にまで興味を持って悩みに共感できる人じゃないと占い師をすることは結構難しいみたいです。